良く使う「色」の英語一覧|色に関する英単語や表現を紹介!

英語でColorと言えば「色」を意味しますよね?

こどもえいごぶハッチ

今回は良く使う色の英語表記、colorにまつわる英単語や表現方法を幅広く紹介していきます!

 

あらゆる「色」の英語一覧

色の英語一覧

 

英語「Color」の意味は「色」

「Color」の最も一般的な意味は「色」「色彩」です。

モノクロ(白黒)ではない色を総じて「Color(カラー)」とも呼びます。

 

また、複数形の「Colors」では絵の具などの染料を意味し、「Color」を動詞で使う場合は「(〜に)色を塗る」や「髪を染める」の意味も持ちます。

  • You can use all the colors for the picture.
    (絵を描く際にどの絵の具の色を使ってくれても問題ありません。)
  • She colored her hair pink.
    (彼女は髪をピンク色に染めた)

 

スラング的な意味合いを含むこともあり、英語「Color(色)」は

  • 「人間の様子」
  • 「人間の個性や人柄」
  • 「音」
  • 「国旗」

などを表すさいにも良く使われます。

 

肌(皮膚)の色

近年はこのような差別的表現を使うケースは少なくなっていますが

  • White(白人)
  • Black(黒人)
  • Yellow(アジア人)

のように、人種を肌の色で表現することがあります。

 

顔色

White as a sheetは「顔が真っ白だよ(顔面蒼白)」の意味で使われ、「Red」は「顔が赤くなる(真っ赤になる)」と「恥ずかしい思いをしている表情」を表現する際に使用されます。

  • What happened? You look white as a sheet…
    (何かあったの?顔色が悪いよ(真っ白だよ))
  • She turned red when meeting her idol for the first time.
    (彼女は憧れの人と初めて会ったさい、顔を赤くした。)

 

人間の個性や人柄を表す色

人間の個性や人柄は皆それぞれ違いますよね。

「それぞれの違い」を「あなたは(私は)どのような色?」と表現することもあります。

  • What is your color?
    (あなたの他と違う個性はなんですか?)
  • He showed his true colors.
    (彼は本性を表した)

日本語でも「あなたの特色はなんですか?」と聞くことがありますよね?

英語でも同じように表現するのです。

 

音色・音質を表す色

日本語の「音色(ねいろ)」を英語でTone colorと表現します。

Toneとは音の高低や質、雰囲気などを表現する際に使われる英単語です。

また、声の調子や口調などを表すときにもよく使われます。

 

日本語でも「音色(ねいろ)」や「色調(しきちょう)」と表現しますよね?

音の微妙な違いや複雑に絡み合っていることを表現する際にColor(色)を用いることが多くあります。

Orchestra is so fun to listen to as it is assembled in many tone colors.
(オーケストラ演奏はたくさんの音色で構成されているため、聞いていて本当に楽しい)

 

なお、色そのものの「色合い」を表現するさいにも「color tone」や「tone」を使います!

  • I love the color tone of this dress.
    (私はこの服の色合いが好きです)
  • Her two-tone outfit today was so beautiful!
    (彼女の今日のツートーンコーデはすごく美しいです!)
  • The color shown on the screen is too bright. Could you tone it down a little bit?
    (スクリーンに映し出されている色が明るすぎます。もう少しだけトーンダウンして頂けませんでしょうか?)

 

国旗の色

Color(色)で国を表現することも。

例えば、アメリカでは国旗(星条旗)の色である「Red, White and Blue」を愛国心の象徴として使うことがことがあります。

アメリカ人が「I bleed Red, White and Blue!」と表現をすることも。

直訳とすると「私には赤と白と青の血が流れています」ですが、意味としては「私は(星条旗の色である赤と白と青の血が流れているくらい)愛国心が強いです!」となります。

欧米では出身校や在学中に学校、そしてひいきにするスポーツチームをプライドを持って表現する際、その学校やチームのColor(色)を用いることも多いです!

 

英語「Color」と「Colour」の意味は同じ!「色」を表す

先ほど「Color」が一般的に「色」や「色彩」を表す英単語だと紹介をしました。

ただ、似たような英単語に「Colour」があるのです。

「Colour」はどのような意味なのかを説明します。

結論から言いますと、どちらも同じ意味です。

「Color」と「Colour」どちらのスペルが正しいのかを迷った人もいるかもしれませんが、アメリカ英語では「Color」、イギリス英語では「Colour」と表現されます。

 

Color(色)を説明・表現する際によく使われる英語

  • Bright(明るい色)
  • Mono(単色)
  • Vivid(ビビッドな色)
  • Rainbow(虹色)
  • Bold(大胆な色合い)
  • Deep(濃い、深いイメージのトーン)
  • Delicate(繊細な色合い)
  • Dark(暗い色合い)
  • Glowing(蛍光色)

 

Color(色)を含む英単語一覧

  • Colors(複数の色)
  • Colored(色のついた、着色した)
  • Bicolor(2色からなる)
  • Colorful(色彩に富んだ、華やかな、多彩な)
  • Coloring(着色)
  • Colorless(無色)

 

Color(色)を使った英語フレーズ

Green(緑)

  • As green as grass(世間知らず、無知で騙されやすい)
  • Green light(進んで良いサイン)
  • Green with envy(凄くねたむ、羨ましがる)

 

Black(黒)

  • Black Friday(感謝祭翌日の金曜日でクリスマスセールが始まる日)
  • Black list(警戒人物・団体リスト)
  • Black eye(敗北、不評)
  • Black out(暗くする、放送を中止する、発信をやめる)
  • Get into the black(黒字化)

 

Blue(青)

  • Blue collar(肉体労働者)
  • Feel blue(憂鬱な)
  • Out of the blue(いきなり)
  • Once in the blue moon(ごく稀に、滅多にない)
  • A bolt from the blue(青天のへきれき、寝耳に水)

 

White(白)

  • White collar(頭脳労働者)
  • White flag(白旗)
  • White as snow(真っ白な、潔白な)

 

Red(赤)

  • Red wave(米国共産党の赤い波)
  • In the red(赤字)
  • See the red light(危険を予見する)

 

Gold(金)

  • Heart of gold(心優しい人、思いやりのある人)

 

Yellow(黄)

  • Yellow belly(臆病者)

 

Pink(ピンク)

  • See pink elephants(幻覚をみる)

 

Gray(グレー)

  • Gray area(どっちつかず)

「色」の英単語一覧・表現まとめ

この記事では「色・色彩」の英単語に加え、色を使った英語での表現方法を紹介してきました。

日本語でも「色」を同じようなニュアンスで使うことは多く、海外と日本語の色に関する違いを意識してみると楽しいですよ^^

こどもえいごぶハッチ

この記事が参考になれば嬉しいです!

 

その他の英単語や英会話フレーズ、英語表現集を下にまとめました!

興味のある記事があれば、ぜひ読んでみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です