英検ジュニアブロンズに小2子供が挑戦!オンライン&問題集で1カ月対策した結果は?勉強法も

こんにちは!英文学科を卒業して英語教師経験のあるこどもえいごぶの清水です。

あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

英検ジュニアのブロンズってどうやって勉強すればいいんだろう?

英検ジュニアブロンズのオンラインラーニングやテストってどんな感じなんだろう?

小学2年生の息子が2021年12月中旬に英検ジュニアのブロンズにチャレンジしました!

そこで今回は、息子が英検ジュニアのブロンズに合格するまでに行った勉強法などの実体験を詳しく解説します!

この記事を読むことで、

  • 我が家がどのような背景で英検ジュニアブロンズを受けることにしたか
  • 息子がどうやって勉強してブロンズに合格できたか
  • 合格点はいくつか
  • どんな子供におすすめか

などを理解できますよ〜!

  • 「英検ジュニアのブロンズってどんな試験なんだろうな〜?」
  • 「テストに合格することで子どもに成功体験を与えてあげたい」

と少しでも考えているあなたはぜひ読んでみてくださいね^^

\ おすすめ子どもオンライン英会話情報 /

-幼児・小学生専用コースあり!
-月額1,078円〜と1番安く利用可能
-英検5級〜準1級の対策も可能
-学研が運営するオンライン英会話で安心
10日間の無料体験つき

 

\小学生・幼児が楽しく受講可能♪/

kiminiオンライン英会話のゲーム

無料でじっくり試せるので安心でした!

>>Kimini英会話公式サイトを見てみる

 

 

»Kimini英会話の口コミはこちら

 

-英会話を学びつつ英検対策できる
-英検対策専用レッスンがあるスクールを厳選

監修者はこんな人

大久保 光

大久保光

・TOEIC950点/英検1級/中高英語教員免許あり

・オンライン英会話で英会話独学に成功

・英語塾を3年経営

・神戸市外国語大学卒

英検ジュニアブロンズにチャレンジしたきっかけ・目的

小学校においても早期英語教育が本格的に取り入れられた昨今、子どもが幼少期のうちから英語教育を始めることの必要性を感じている方は多いのではないでしょうか?

わが家の小学2年生の息子の場合も、少しでも英語を身近なものに感じてもらうために週に3回ほどオンライン英会話をやらせています!

フィリピン人の先生とのオールイングリッシュのレッスンを楽しそうに受けているのは大変ほほえましいのですが、ふと「2年間のオンライン英会話でどれくらいできるようになったんだろう?」と確認してみたくなったのです。

英語習得レベルが客観的に把握できる上に、テストの結果を受けて本人の自信につながればいいなと思い、英検ジュニアブロンズにチャレンジしてみました。

次に、1カ月間対策した上で英検ジュニアブロンズを受験した感想やどのような取り組み方が効果的だったかについて説明します。

英検ジュニアブロンズ合格までの流れ

2016年4月からこどもちゃれんじイングリッシュにて英語を学び始める
2019年9月、年長のころにオンライン英会話をはじめる
2021年10月、小学2年生のときに英検ジュニアブロンズを意識し始めて問題集を購入
2021年11月、英検ジュニア公式の1カ月フルパックを申し込む
2021年12月下旬、ブロンズを受験して91%の正答率を出す

小さいころから英単語に親しめるようにと「こどもちゃれんじイングリッシュ」やオンライン英会話「クラウティ」などに取り組んできました。

その結果、英語を「聞く」「話す」ことはある程度できるようになりましたが、どの程度理解できているのかや不得意な分野がどこなのかはわからない状態でした。

そこで息子の英語力を客観的に判断するために何かしらのテストを受けてみようとなったのです!

英検だと、試験会場で大人や中高生に混じって受けるので緊張して本来の実力を発揮できないだろうと考えました。

そこで、自宅のPCで手軽に受験できる英検ジュニアにまずは挑戦してみることになりました。

わが子の場合、問題集を購入してある程度テストの傾向をつかんだ上でオンラインのドリルも並行して学習するやり方で1カ月間学習しました。

その結果45問中41問正解(正解率91%)となり、本人も自身の英語力に手応えを感じられたようです。

英検ジュニアブロンズの問題レベル・難易度

英検ブロンズは英語の音声を聞き取って答えを選ぶだけのシンプルなリスニングテストです。

  • 単語さえわかれば解ける問題が多い
  • 短い文やかんたんな会話文を聞いて内容に合うものを選ぶものが多くパターンがわかりやすい

 

といった特徴があります!

極端な話、アルファベットを読み書きできない幼児でも、単語や表現を聞き取ることさえできればテストに受かることは十分可能です。

受験の年齢制限も特になく、公式の目安では以下のように書かれています。

【学習経験を基準にした目安】

英検ジュニアブロンズ
<英検ジュニア公式HPより>

息子の場合はブロンズかシルバーか迷いました。

そこで、公式HPにあるサンプル問題に挑戦してみてまだシルバーはまだ難しそうだったのでブロンズにチャレンジすることに!

英検ジュニアには残念ながら過去問はありませんが、次のように英検ジュニア公式HPにあるサンプル問題でおおよそのレベルをつかめますよ^^

サンプル問題例①:絵にあう文は?

英検ジュニアブロンズ

3種類の音声からどれがイラストの内容に合っているのかを選ぶ問題です。

① I have candies.

② I have cookies.

③ I have cakes.

と音声が流れるので、 “cookies”という単語が聞き取れれば正解を選べますね!

 

Yesか?Noか?

英検ジュニアブロンズ
<英検ジュニア公式HPサンプル問題より>

続いてはイラストにあう応答文を選ぶ問題です!

“Do you have bananas?” の問いのあとに

①Yes, I do.

② No, I have lemons.

③No, I have cherries.

と流れます。

“Yes” か “No” を判断するだけでなく、 “lemons” や “cherries”といった単語まで理解していないと正しい答えは選べません。

このように英検ジュニアブロンズでは、身のまわりにあるものの単語以外にも、動詞や形容詞、 “Do you have~?” のような定型表現の知識が問われます。

英検ジュニアブロンズ対策に使ったテキスト・問題集・教材

息子は次の手順で英検ジュニアブロンズ対策に取り組みました!

 
英検ジュニア公式HP内のサンプル問題

 

 
 
市販ドリル「はじめて受ける英検Jr.スーパードリル ブロンズ」

 

 
 
英検ジュニアオンラインブロンズ フルセット(ドリル+テスト1カ月のコース)
 
 
 
オンライン英会話「クラウティ」

 

 

 

英検ジュニア公式HP内のサンプル問題

英検ジュニアブロンズ
<英検ジュニア公式HPサンプル問題より>

英語の検定試験を受けるのが初めてだった我が子。

  • 「きちんと聞き取れるのかな」
  • 「PC操作は大丈夫かな」

と不安だったため、まずは英検公式のサンプル問題で力試しをしてみました!

多少知らない単語や表現があって戸惑っていたもののクラウティで単語を聞きなれていたおかげか、ほぼ聞き取れていました。

 

市販ドリル「はじめて受ける英検Jr.スーパードリル ブロンズ」

次に、CD付きの市販のドリルを購入してみました!

市販ドリルは、動物、色、果物、野菜、体のパーツ、衣服などの単語をきちんと聞き取れるかを確認するのに役立ちました。

なんとなく聞き取れて正解したけれどいまいち確信が持てなかった問題は、別冊解答のスクリプトを見ながら一緒に復習!

市販ドリルで演習することにより、子どもの苦手な語彙分野や表現を把握できました。

 

英検ジュニアオンラインブロンズ フルセット(ドリル+テスト1カ月のコース)

ドリル購入と並行してオンライン版「ラーニング」 にも申し込みました!

こちらはゲーム感覚で楽しみながら取り組めるコンテンツです。

平日は学校の宿題や習い事で忙しいのでラーニング、休日の時間のあるときにドリルをしていましたよ!

ラーニングの有効期限最後の日にブロンズの試験を受験するという目標を立て、コツコツ学習を進めていきました。

ラーニングでは「ドリル&ゲーム」で楽しく学習でき「もぎテスト」でどれほど実力がついているか確認できます。

もぎテストでは間違えた問題が復習できる上、全問正解するとPerfectと表示されるので息子はうれしかったようです。

もぎテストは本番のテストと同じイラストやナレーション、PC操作で行えるのでしっかりとやりきることが大切になります!

 

子供向けオンライン英会話「クラウティ」

クラウティには英検ジュニア用の対策コースはありませんが、英語の音に触れる時間を増やすためブロンズ対策期間中も週1~2回の受講を続けました

既習の単語や会話表現を再確認したり、フォニックスのレッスンで発音を確認してもらったりするのに役立ちました。

 

英検ジュニアブロンズで出題される単語問題の例と覚え方

英検ジュニアブロンズではよく次のような単語が出てきます。

・果物(apple/banana/orange/cherry/peach…)

・野菜(tomato/potato/pumpkin/onion/eggplant…)

・食べ物(pizza/hamburger/spaghetti/sandwich/cookie/ice cream/salad/butter…)

・飲み物(milk/coffee/soup/orange juice…)

・動物(giraffe/lion/rabbit/zebra/tiger…)

・スポーツ(soccer/baseball/tennis/badminton…)

・楽器(piano/guitar/drum/castanets/violin…)

・色・形(blue/red/black/circle/square…)

・数・時間(one/two/many/7 o’clock…)

・天候(sunny/cloudy/hot/warm/cold…)

・体の部分(hands/mouth/nose/hair…)

・乗り物(train/bus/car/bicycle/boat…)

・家族(father/mother/brother/sister/uncle/aunt/grandfather…)

・場所(school/classroom/station/restaurant/park/river/mountain…)

・衣服(cap/hat/jacket/pants/shoes…)

・文房具・持ち物(pencil/eraser/notebook/umbrella/ruler/scissors…)

・家の中にあるもの(table/spoon/bed/window/living room…)

・様子・気持ち(happy/sleepy/sad/angry/full/tired…)

・形容詞(long/big/small/nice/heavy…)

・基本的な動作(go/run/dance/sing/swim/play/drink/need/want/like/see/open the door…)

このように列挙するとかなり広範囲の単語を勉強しなければならないように思われるでしょう。

しかし、全体的に答えのキーとなる単語さえ聞き取れれば答えられるものが大半です。

英単語を聞いたときに音とイラストを関連づけて選択肢から正しく選べるよう、上のような単語を絵と音で知識を入れる練習を重ねることが大切です!

わが家では次のようなやり方で単語や表現の音に慣れるよう工夫しましたよ^^

  • 絵カードを使って発音練習する
  • 家の中にあるものを使って定型表現に慣れるようにする
  • あいさつや命令文
  • 依頼文のやり取りを練習する
  • 3ヒントクイズの練習をする

 

絵カードを使って発音練習する

英検ジュニアブロンズ
<ラーニング内 カードアルバム>

勉強してわかるようになった単語や表現がカードになってたまっていくので復習するときに便利でした!

 

家の中にあるものを使って定型表現に慣れるようにする

定型表現の言い方を復習するとき、家の中にあるものや息子の私物を使って

  • This is my pen.
  • I like grapes.
  • It’s my new chair.
  • That’s my hat.
  • There are cookies on the table.
  • I have a toy car.

などと教えました。

ただ音声で聞き流すだけでなく、身近にあるものを使って表現を紹介する方が印象に残りやすかったです!

 

あいさつや命令文、依頼文のやり取りを練習する

Good morning./How are you?などのあいさつ、Can you~?/Please~/Don’t~などの頻出表現を普段のコミュニケーションに取り入れてみました。

例えば次のような感じです。

  • Can you bring the plates here?「お皿を運んでくれる?」/No, problem.「いいよ」
  • Wash your hands, please.「手を洗ってちょうだい」/Of course.「もちろん」
  • Don’t run.「走ったらだめよ」/I’m sorry.「ごめんなさい」

 

3ヒントクイズの練習をする

3ヒントクイズはI’m…などの表現を用いた3つのヒントを聞いて、6枚の絵の中から内容に合ったイラストを選ぶ問題です。

息子はブロンズのテスト範囲の中でとくにこの分野を苦手としていました。

英検ジュニアブロンズ
<英検ジュニア公式HPサンプル問題より>

I’m singing. 「わたしは歌っています。」

I’m round. 「わたしは丸いです。」

I’m yellow. 「わたしは黄色いです。」

What am I ?

と音声が流れるので、その特徴に合致する⑥の選択肢を選べば正解となります。

 

3ヒントクイズを攻略するポイントは次のとおりです。

  • 6枚のイラストの特徴を見分けられるようにする
  • 1つ目のヒントだけで答えようとすると誤答となりやすいので3つのヒントを最後まで注意深く聞く
  • I’m…/I like…/I have…で始まる英文に慣れておく
  • 色、形、体のパーツ、衣服、性質、状態、気持ち、日常の動作(~ing形)などの頻出単語が聞き取れるようにしておく

テスト本番でも残念ながら3ヒントクイズのパートで失点してしまいましたが、上の対策をしていたおかげでミスを減らせました!

 

英検ジュニアブロンズの合格点は?

英検受には合格・不合格はありません。

なぜなら、英検ジュニアは英語を学ぶ楽しさや達成感を味わい学習の動機づけを目的としているテストだからです。

正解率が80%を超えたら次のステップに行くことが推奨されているため、そこが目安の合格ラインだと考えられています。

「制度として合格がないのはわかったけど何点をとったらいいかわからない」と言う場合、80%超えを目指してみましょう!

 

英検ジュニアブロンズはこんなお子さんにおすすめ

英検ジュニアは現在の英語力を1番簡単なテストで確かめたいお子さんにおすすめの試験です。

ここまでご紹介してきたように、英検ジュニアブロンズは次のような特徴をもつ育成型テストとなっています。

  • 「書く力」「話す力」が問われないリスニングのみのテスト
  • 合否がないので挫折感を味わなくて済む
  • 自宅で簡単にオンライン受験ができる

各問題のはじめの説明も日本語で行われるため、はじめて英語の検定試験に挑戦する低年齢のお子さんでも安心してチャレンジできますよ〜!

まずは英検ジュニア公式HP内のサンプル問題やオンライン版ラーニング1日無料体験 にて次の2点を確認してみてください。

  • お子さんにとってテスト内容が難しすぎないか
  • ご自宅のPCやipadが動作環境を満たしているか

 

英検ジュニアブロンズの受験方法

英検ジュニアはオンラインテストとペーパーテストの2つの受験方法があります。

ペーパーテストは団体受験のみとなっているため、英会話教室や塾などで団体受験をする場合を除き個人でオンライン受験を申し込むことになります。

ゲーム感覚で楽しみながらラーニングに取り組んだ延長戦上で自宅で気軽に受験させたい場合はオンライン版で、お子さんのPC操作がうまくできるか不安な場合はペーパー版で受験するとよいでしょう^^

 

英検ジュニアブロンズの体験記・学習法まとめ

英検ジュニアブロンズは、お子さんにとって最初の英語の資格試験になる場合が多いかと思います。

ブロンズであれば難易度が低いので、本番の出題形式と同じ「もぎテスト」にてしっかりイメージをつかんだ上でテスト本番に臨めば高いスコアを取れます

息子の場合も3ヒントクイズのパートに苦戦したものの高得点が出せたので、「僕、こんなに英語できるんだ」と自信をつけさせるよい機会となりました^^

今回の体験談が参考になれば幸いです。

あなたもこの機会に、お子さんの英検ジュニア学習にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

>>英検ジュニアオンラインの申し込み・無料おためしはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA