OtherとAnotherの意味の違いは?【図解でわかりやすい】

「他の」「別の」の意味を持つotherとanother。

同じような意味合いを持つ2つの単語ですが、実は使い方のルールが決まっています!

今回は、otherとanotherがどのように違うのかを図も使ってわかりやすく解説していきます。

初めに、otherとanotherの違いに触れておくと、次の通りです。

  • 数が漠然で不特定のものを指すのがother
  • 単数で不特定のものを指すのがanother

なお、the other(s)とother(s)では意味合いが異なるので、注意が必要です。

もう少しわかりやすく図で説明します。

other・another・the other・others・the othersの違い

 

otherの使い方

otherは不特定で複数のものを指すときに使います。

「その他の」と覚えておくとわかりやすいです。

  • We have other options if you want(他にも選択肢がありますので、ご検討ください)
  • Are there any other questions?(他に質問はありますか?)

熟語としてother oneを使う際は、「もう一つの方」と単数のものを指すので注意が必要です。

Can you grab me the other one please? (もう一つの方を取って貰ってもいいですか?)

既に述べた通り、the otherとthe othersはother(s)の前にtheが入ることにより少し意味合いが変わってきます。

The otherは単数形の名詞を指し「(二つのうちの)残りの一つ」「(二人のうちの)残りの一人」の意味になります。

You can have that and I will have the other.

The othersは、otherにsが付いている事からも分かるように、複数形に使います。

意味は「(複数あるものの中から)残り全て」となります。

One of my family member lives in Osaka and the others live in Tokyo(家族の一人は大阪に住んでいますが、その他は東京に住んでいます)

また、otherを使ったよく使用する語句がありますので、こちらも紹介しましょう!

 

in other words

「言い換えると」の意味でin other wordsが使われます。

He doesn’t like to work. In other words, he is lazy.(彼は働くのが好きではない。言い換えると、彼は怠け者だ。)

 

every other day

熟語「every other day」は「一日おきに」の意味があります。

every otherは「そのほか全て」の意味に加え、「ひとつおきに」の意味を持っており、dayと加えることで「一日おき」の意味を持ちます。

dayの代わりにweek、month, yearを置き換えられ、それぞれ隔週(一週おき)、隔月(一月おき)、隔年(一年おき)となります。

「その他の」と覚えておくとわかりやすいです。

  • Let’s train every other day!(1日おきにトレーニングしましょう!)
  • We meet our grandparents every other year(私たちは一年おきに祖父母に会います)

 

among other things

「数ある中でも」「特に」と言う意味でamong other thingsを使うことがあります。

  • I like pizza among other things.(数ある中でも私はピザが好きです)
  • Among all other things I love to watch sports.(特に私はスポーツ観戦をするのが好きだ)

 

anotherの使い方

単数で不特定のものを指すのがanotherです。

Anotherは、もともと「an other」だったのが、合わさって「another」になったと言われています。

つまり、不定冠詞(a/an)が付く単語にしか使われないため、不特定で単数を指すものとなります。

「もうひとつ」と覚えておくとわかりやすいです。

  • Can I have another cup of coffee?(もう一杯コーヒーを頂けますか?)
  • We will need to transfer to another plane at the airport(私たちは空港で違う飛行機へ乗り継ぐ必要がある) 

 

 

 

The otherとも似ていますが、意味は異なります。

the otherは「二つある中で、別のもう一つ」と特定されたものである一方、anotherは「たくさんある中でのどれか一つ」と不特定のものの中の一つを指しています。

  • Can I have the other donut?(もう一方のドーナッツを貰えますか?)
  • Can I have another donut?(ドーナッツをもう一つ貰えますか?)

なお、anotherを使ったよく使う語句も紹介しますので、是非覚えておきましょう!

 

one way or another

「何としてでも」「どっちみち」「いずれにしても」と言う意味でone way or anotherがよく使われます。

  • We have to get it done today one way or another(私たちは、何としてでも今日中に終わらせなければならない)
  • We have to make the decision one way or another(いずれにしても、私たちは決断を下さなければならない)
  • Regardless of if it’s by train or car, we will be there one way or another(電車か車かに関係なく、どっちみち私たちは行きます)

 

one after another

「次々に」「あいついで」「続々と」の意味で、複数の人や複数のものが途切れることなく順々に何かをする様子を表現する際にone after anotherを使います。

  • Runners are finishing one after another(ランナーが続々とフィニッシュしている)
  • One after another, the people came running out(次々と人が走って出てきた)
  •  

 

the other dayとanother dayの違い

otherとanotherの違いに加え、the other dayとanother dayの違いも説明します。

the other dayは「先日」「この間」の意味を持つ副詞句であり、another dayは「別の日」「もう一日」の意味を持つ副詞句です。

全く違う意味合いになりますので、しっかりと覚えておきましょう!

  • We went there the other day(私たちも先日そこに行きました)
  • Let’s go there another day(またいつかあそこに行きましょう)
  • Give me another day to get this done(これを完了させるのに、もう一日下さい)

 

other, another以外に知っておくべきelse

今回はotherとanotherの違いにフォーカスしてきましたが、その他にも「else」が同じ様な意味合いを持っています。

最後に、簡単にelseの意味合いと使い方を説明します!

elseは、

someone/anyone/no one/somebody/anybody/nobody/something/anything/nothing/much/little/who/what

などの単語の後に「他に」の意味での形容詞として使われます。

  • Can you tell that to somebody else?(それを誰か他に人に言えますか?)
  • What else do you need to know?(他に知りたいことはありますか?)
  • Is there anything else I can do for you?(他に私が出来ることはありますか?)
  • I have nothing else to do.(他にもうやることがありません)

 

other,the other,another,the others,others,elseまとめ

「他に」「別に」の意味を持つotherとanotherの違いと使い方を中心に説明をしました。

それぞれの持つ微妙な意味合いの違いと使い方を理解できましたか?

最後に、改めてこちらの図で振り返りましょう!

other・another・the other・others・the othersの違い

この記事がotherやanotherの違いがわからなかったあなたの参考になれば幸いです!

 

【実例あり】子供の英会話力が上がるかも?

  • 子どもが英会話に興味を持てる可能性があったのに試さないまま大きくなってしまった
  • 小学校5年生から本格的に英語の授業が始まったときに友達は英語ができて子どもはできず苦手意識を持ってしまった

もし上のような状況になってしまった場合、すごくもったいないと思いませんか?

人間であれば「もしあの時こうしていれば…」と後悔することはありますが、「子どもには後悔してほしくない」と考えている親御さんは多いです。

近年、お金をかけず送迎なしで家からいつでも簡単に本場の英語に触れられる手段として子供オンライン英会話が注目されています。

最近は子供オンライン英会話を利用して、実生活で使える英会話力を身につける小学生も増えてきました。

オンライン英会話を利用されている方で、お子さんが英会話を身につけつつ英検を取っているご家庭がありました↓

非公開: 【Kimini英会話ユーザーインタビュー】0から1年9ヶ月で英検3級に合格!利用歴2年半の秋葉さん非公開: 【Kimini英会話ユーザーインタビュー】0から1年9ヶ月で英検3級に合格!利用歴2年半の秋葉さん

こどもえいごぶの島川の子供も、オンライン英会話を使い英会話力を上げながら学校の成績をUPさせています↓

子供オンライン英会話の効果【子供オンライン英会話は効果なし?】意味ない?出遅れた息子は半年で成績UP

最近の子供オンライン英会話はどこも無料体験レッスンがあるので、一切損することなくお子さんが英会話に興味を持てるか確かめられますよ!

こどもえいごぶが約1年かけて実際に体験したり徹底調査したりした約40社のうち、本当に良かった子供オンライン英会話を下の記事にまとめました。ぜひ参考にしてください!

子供向けのおすすめオンライン英会話【オンライン英会話40社体験】子供におすすめの人気ランキング比較15選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA